News

8月25日~ Gフォース プロデュース2020「氷雪の門~昭和20年、乙女たちが決めたこと~」

三好杏依

8月25~30日@中野テアトルBONBON

Gフォース プロデュース2020
「氷雪の門~昭和20年、乙女たちが決めたこと~」


出演キャスト:
主演:佐藤 智恵子 役 三好杏依
 後藤紗亜弥・川崎瑠奈・深瀬みき・坂本立夏・曽祢崎琳・羽田香怜・星野七茜・今井さおり・加藤瞳・宍倉明歩・阿倍雪音
 さくらやひろのぶ・黒田大輔・岡部朋美・渋谷裕貴・加藤英雄・雨川景子・佳山みな・オカケン・野秋美和・岡田臣也・佐藤耀太


公演スケジュール:
 8月25日 火曜日 19時
 8月26日 水曜日 14時/19時
 8月27日 木曜日 19時
 8月28日 金曜日 14時/19時
 8月29日 土曜日 14時/19時
 8月30日 日曜日 12時/16時
全10回公演
※開場は、開演の30分前です。
チケット料金:全席自由/前売り・当日共5000円(税込)

予約・お問い合わせ:mayumi.g.0730@gmail.com
※ご予約の際には、
お名前・ご希望の日時・チケット枚数・出演キャスト=三好杏依でチケット購入希望
以上の内容をを明記の上、メールにてご連絡下さい。

GフォースプロデュースHP:https://www.g-froce-produce.com/
Gフォースプロデュース電話番号:042-452-5072
ツイッターハッシュタグ:#氷雪の門G2020


公演内容:
〈氷雪の門とは〉
氷雪の門は樺太の開拓時代や、
第二次世界大戦終了後の旧ソ連軍の樺太侵略により
亡くなった方々を慰霊して建てられました。
高さ8mの門、黒大理石の台座、2.4mの女性像。

女性が手のひらを見せ天を仰ぐ姿は
全てを失った悲しみを表し、人々の天への祈り、
哀訴、たくましい再生への誓いを表現している。

ーSTORYー
1945年夏、太平洋戦争も終盤に近づいたころ、
現在ロシア領サハリンは当時、樺太と呼ばれる日本の領土だった。
その西海岸にある真岡町の郵便局では班長をはじめ、
若い女性たちが電話交換手として働いていた。

やがて日本は終戦を迎えるが、
その混乱に乗じてソ連軍が樺太に進攻。島民の緊急疎開が開始される中、
戦火は真岡の町にも広がり、窓越しに見る砲弾の炸裂、迫る身の危険の中、
彼女たちは、最後まで交換台に向かった。終戦にもかかわらず、
樺太に攻めてきたソ連軍の脅威にさらされながらも、
彼女たちは、最後まで交換台に向かった。

「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら。」

島民のため最後まで通信業務を死守しようと交換台に向かった、
若き乙女たちの運命は・・・。

 

■新型コロナウイルス感染防止、公演の対応について■
・客席数を縮小し、ソーシャルディスタンスをつくり上演
・マスク着用・検温・消毒の徹底
・開演前、終演後の施設の消毒
稽古時にもキャスト、スタッフ一同徹底して予防に努め、本番に向けて準備して参ります。